« 旅行①:那須どうぶつ王国と那須岳 | トップページ | 旅行③:蔵王から仙台・フェリーまで »

2015年5月 5日 (火)

旅行②:蔵王キツネ村

散々ツイッターでも掲載しておきましたが、今日はキツネ村の紹介。

2015tohoku013
ネットでは簡単に見つかりますが、道路地図には載っていない上に、山奥の市道を走ってようやく見つかる場所なので知らない人もいるかもしれませんが、ファンが多くて大勢来てました。
入り口は何となく掘っ立て小屋にも見えますが、ちゃんとキツネが逃げ出さないように徹底した管理をしています。そりゃそうだ。

2015tohoku014
基本的に、赤ちゃんキツネとその母親キツネはケージ、子キツネは小屋、そして成長したキツネだけが放し飼い(柵に囲まれた範囲で)にされています。子キツネは遊んでいる時もありますが、いつもはやっぱり寝ています(^^;)

2015tohoku015
中央には神社風の建物がありますが、お稲荷様にしては、キツネ達が自由すぎる(笑)
塀の横から縁の下まで寝ているキツネが多いです。

2015tohoku016
そんなキツネ達が活発な場所と言えばやはりエサやり場。入り口で買ったえさ(ジャーキー)を見せるとすぐに寄ってきます。飼う動物はやはりエサには目がないですね(^^;)

2015tohoku017
エサを落としてくれるのを今か今かと待っています。
ちなみにこのエサ場でしかエサを与える事はできません。直接やろうとすると噛まれる恐れがあるからです。何といっても雑食で肉が好物のキツネですから。

2015tohoku018
キツネの鳴き声といえば「コーン」というイメージですが、実際には甲高い「キューン」に近い感じです。
仲間同士でいる時以外はあまり鳴く事もなく物静かですが。

2015tohoku019
てかほんとに無防備で寝ているキツネの多い事(^^;)かなり間近で撮影が出来ました。

2015tohoku020
もちろん一番神経を尖らせているのが防疫対策。特に北海道のキタキツネで問題になっている寄生虫エキノコックスに対しては徹底しているそうで。

2015tohoku021
そしてやはり出産シーズンを迎えてるだけあって親子のキツネを多く見る事が出来ました。

2015tohoku022
キツネファンというか、私のような動物好きにはとてもパラダイスです(笑)
キツネを見る機会もそうそうないですし。また機会があったら見に行きたいところです。

次回はその他の写真を。特にフェリーかな。

|

« 旅行①:那須どうぶつ王国と那須岳 | トップページ | 旅行③:蔵王から仙台・フェリーまで »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 旅行①:那須どうぶつ王国と那須岳 | トップページ | 旅行③:蔵王から仙台・フェリーまで »