« ようやく帰還 | トップページ | 誤解覚悟で書きましたが »

2015年8月15日 (土)

70年の迷走

終戦記念日となりましたが、少々耳が痛く難しい話になる事をお許しください。

戦後70年になって、今は安保法案の審議やら、朝中との考えの違い、安倍首相の談話の波紋やらで未だ戦時の頃を引っ張り続けています。確かに太平洋戦争の事は語り継がなければならないし、2度と戦争を起こさないようにしなければいけませんが、問題は70年前に決めた事が、今後100年、200年と通用するかどうかです。

私の考えでは、太平洋戦争は日本人の犯した愚かな罪だと思っています。ただ、何が愚かかというと、日本人の「平和」「戦争」「軍隊」のイメージが、この戦争で大きく狂わせる事になってしまったからです。元々戦争は何で起こるか。大部分は国民の士気によって起こされるものです。昔の戦国時代は元より、世界中の戦争のほとんどは国民の支持によって、さらに士気も高まっているところで挑む事が大半です。
近年のアフガニスタンやイラクにしても、アメリカ国民の同時多発テロの「報復」が引き金になって世論が高まった事で起きたもの。
逆に士気が下がったり、国民が反発すれば大抵は戦争は終結するもの。古くはアレキサンダー大王のインド遠征での兵士たちの反発から撤退、最近ではベトナム戦争が長引いた事によるアメリカ国内での反戦運動が広がった事などで、大半は国民の支持によって戦争は引き起こされ、終結するものです。
ところが、日本では「大本営発表」というウソの情報に惑わされたとはいえ、大半の国民はその戦争に勝つと信じて支持を続け、軍が海軍と陸軍が別々に行動するという、今では考えられないやり方で戦場を広げてしまった結果、原爆投下という最悪の形で降伏する事になってしまった。
その結果、大本営発表ばかり信じてた国民は「軍が勝手に戦争を続けた」→「軍隊があるから戦争は起きる」→「日本は軍隊をなくせば平和になる」と思ってしまう事になりました。その結果、自衛隊の法改正のたびに「戦争が起きる」「軍隊にするな」という議論がすぐに起きる状態に。
そして憲法9条にしても、本来は「戦争を起こす状態にしない」というだけの解釈だったはずが、国を守るための防衛の強化をすると「軍隊を持ったら戦争は起きる」という考えが起きて反発、過去の戦争を引き合いに出して「防衛を強化しなくても、憲法9条があったから平和を保てたじゃないか」と言い出す始末。
でもこれって「平和という言葉と、憲法9条を唱えれば、弾道ミサイルだろうが核兵器だろうが、バリアが貼られて守ってくれる」という、実に厨二病的発想にしか見えないんですけどねえ。

もちろん、「だから軍隊を今すぐ持って軍備を強化すべし」というつもりはありません。しかし、平和と戦争と軍隊という意味をもう一度考えるべきなのではないでしょうか。

私は日本が特に攻撃にさらされることがなかったのは、皮肉にもアメリカ軍のおかげだと思っています。沖縄でどんなに反発運動が起きても、アメリカ軍が駐留していた事で誰も攻撃してこないという「トラの威を狩るキツネ」の状態だからこそ、日本は平和でいられたのだと思います(大半の人は憲法9条のおかげだと思っているようですが)
しかし、アメリカも70年前とは大きく変わってきました。同時多発テロ以降、中東やアフリカでの活動の方が重要になり、フィリピン駐留のアメリカ軍も撤退させたりしています。その結果どうなったか。それが南沙諸島の中国の軍事基地建設に繋がったのだと思います。アメリカの影響力が小さくなったのをいい事に、中国が我が物顔で幅を利かせ始めているわけです。元々中国は「自分たちこそ世界の中心の国(だから中国)」という思想が根深く残っている国なのですから。
前にも書きましたが、もし沖縄からアメリカ軍が全て撤退したら「これで沖縄は安全だ」とはなりません。おそらく中国の軍船や漁船が沖縄近海で動き回るようになり、さらには「沖縄は日本が不法占拠した場所で、あそこは中国の琉球省(もしくは琉球自治区)だ」とか言い出すでしょう。実際に沖縄は、かつて薩摩藩が「植民地化」したのは事実なのですから。
アメリカ軍も自分たちの所で手一杯の時に、いつまでも日本を守りっぱなしではいられないからこそ、アメリカ側からも「防衛」を支持しているのでしょう。

今の安保法案がこれほどまで自民党が急いでいるきっかけは、4月に起きたイスラム国による日本人人質殺害事件があるでしょう。本来なら自国の国民は自国の責任で守らなければならないのが世界の常識。しかし、日本には海外へ捜査班を派遣して(もちろん武装もして)事態に備える形が整えられていません。だから他の国に頼もうとして、皆に断られて(自国の民を守るので手一杯)対応が後手後手に周り、結局殺害されるという最悪の結果になってしまった。世界に行かなければならない日本人は大勢いるわけだし、その際の対策を打てる形を整えなければならないのですが、それにも安保法の枠に含まれるべき要素です。つまり人質を平気で殺害できる相手に対する対策、つまり武装もしなければならなくなるわけですが、今の状態は「武器を海外に持っていくなんて戦争するようなものだ」と決め付ける状態です。
今後、ますます世界の思惑がすれ違って、憲法という紙切れだけでは平和が守れなくなるでしょう。だからこそ、もう少し平和と戦争について、改めて考えて声を上げる必要があるのではないでしょうか。日本には「太平洋戦争」という大きな「教訓」があるわけですから。
70年だからこそ、考えるべきだと思います。

|

« ようやく帰還 | トップページ | 誤解覚悟で書きましたが »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ようやく帰還 | トップページ | 誤解覚悟で書きましたが »