« 久々の土日休み | トップページ | 16年菊花賞予想 »

2016年10月18日 (火)

17年度競馬開催に物申す

ちょっと遅れましたが、いよいよ来年の競馬番組が発表されましたので、さっそくその考察をしてみようかと思います。まあ毎度ながら指摘したいところが山積みなのですが・・・

・産経大阪杯がG1昇格、「大阪杯」へ
今回一番の注目どころでしょう。芝2000m級の大レースがなかったのは確かだし、今の産経大阪杯もG1級の馬が出走が多く、そこから天皇賞へという馬が少なかったのも事実。
でもやはり阪神大賞典や日経賞の格が下がるような気がするのは気のせいでしょうか。
このようにするなら、天皇賞・春を東京芝2000m、秋を京都芝3200mとして、菊花賞と合わせた「秋の長距離王決定戦」みたいにした方がいいのではないかと。(ついでにヴィクトリアマイルを京都、エリザベス女王杯を東京にしてG1開催のバランスを保つ)
なお、産経の名はセントウルSに付加され、「産経賞セントウルS」になるほか、金鯱賞が3月2週目になり、中山記念とともに大阪杯トライアルレースとなるそうです。(入れ替わるように中日新聞杯が12月開催に)

・ホープフルSのG1昇格申請、決定次第G1に
いよいよ来ましたよG1昇格。さらに有馬記念の後の12月最終木曜日に開催という異例の開催日。これ、有馬記念の「今年の総決算レース」という肩書が崩れそうな気がするんですが・・・。さらに以前から指摘されている朝日杯FSとの兼ね合いや、翌年1月の同条件レースの京成杯の問題も残ったまま。いっその事、朝日杯FSは牡牝セン混合の芝1400m戦にして、京成杯は廃止もしくは条件変更すべきではないかと。

・ターコイズSもG3昇格申請
これも予定通りなのですが、何だかG3が一気に増えた感がありますね・・・
3日間開催が増加したのも、実際は重賞競走が増えて開催できる日程が定まらなくなったんじゃないかなとか思えてしまいます(^^;)

とまあG1が増えたよぐらいの今回の内容。また「G1ばかり増やしてそこまで儲けたいかJRA」とかいう人がいそうな気がしますね。まあどんな体系になるにしても、競走馬のローテーションが変わる事で、馬券検討の選択肢が増えるだけの事。とりあえず、今年の競馬番組を楽しみましょう。

|

« 久々の土日休み | トップページ | 16年菊花賞予想 »

競馬関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 久々の土日休み | トップページ | 16年菊花賞予想 »