« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

2019年5月

2019年5月31日 (金)

19年安田記念予想

明日は現地観戦してきます。ダービーの後だから観客が少なくて済むかなと思いきや、なんとアーモンドアイが出走する事になり、こりゃ混むな~と思ったり。何とか写真撮れる場所が取れればよいのですが・・・

で、そのアーモンドアイ。ルメール騎手も復帰し、レース間隔も空けてあるため、文句ない状態なのですが、このレースは割と穴が来やすいレース。どうしても大穴を狙いたくなるもの。

狙い的にはダノンプレミアムよりステルヴィオの方かなと。前走大阪杯で惨敗とはいえ、1600mでなら力を発揮できるはず。ダノンプレミアムの場合、東京1600mでは直線の長さが気になるところ。
穴狙いなら、マイラーズC2着のグァンチャーレも。ここ近走でも安定してるので。

予想
◎:アーモンドアイ
〇:ステルヴィオ
△:フィアーノロマーノ
☆:グァンチャーレ
どちらかといえばサンデー系の血の薄い馬を中心に。他にもインディチャンプやアエロリットとかもどうかなと思いますが・・・

ともあれ、久々のG1現地観戦を楽しんできますか。

| | コメント (1)

2019年5月26日 (日)

19年日本ダービー予想

まあ当然人気になるのはサートゥルナーリア。父ロードカナロアのスピード&欧州血統、母シーザリオのサンデー+米国血統となると付け入るスキが見当たりません。ただ一つ気がかりなのは、今回はルメール騎手が乗らない事(騎乗停止で)。今回はヴィクトリアマイルを勝って盛り上がっているD・レーン騎手が騎乗しますが、このダービーで真価が問われることになりそうです。

その他の馬では皐月賞組のダノンキングリー(3着)とヴェロックス(2着)が続きますが、ダノンキングリーはディープ産駒でも母側に欧州血統が強い所が気になります。ヴェロックスも父ジャスタウェイがまだまだ未知数な上にこちらも母系は欧州血統。オークスと違って日本経験のない欧州血統は走りにくい所があるので…むしろ青葉賞2着のランフォザローゼスの方が走るんじゃないかなと。1着のリオンリオンは父がルーラーシップだけに気まぐれ感が強そう。

予想

◎:サートゥルナーリア
〇:ランフォザローゼス
△:ダノンキングリー
☆:サトノルークス
というわけで、あえて対抗をランフォザローゼスに。内枠も連に絡むことが多いので、4番のサトノルークスを穴狙いに。

| | コメント (1)

2019年5月19日 (日)

19年優駿牝馬( オークス) 予想

桜花賞馬グランアレグリアがNHKマイルCに出走した事で、桜花賞2着以下のシゲルピンクダイヤやクロノジェネシス、ダノンファンタジーが1番人気になるかと思いきや、現時点で1番人気はラヴズオンリーユー。忘れな草賞を勝って3戦3勝、鞍上がMデムーロ騎手、2000m実績もありディープ産駒とくれば人気も当然か(もっとも2番人気との差は0.5なので直前で変わる可能性もありますが)
もう1頭フラワーC1着からここに直行してきたコントラチェックも人気。鞍上がD・レーン騎手なのも注目ですが、米国血筋なのがちょっと気がかり。
ここ最近のオークスでの血筋では米国血統にはやや不安が残るんですよね。最近は欧州血統の躍動が目立ってて、最近のオークス1・2着はフランケルやハービンジャー、ロードカナロアなどの欧州の血筋ばかり。
ここでもラヴズオンリーユーは母父にストームキャットがいて、クロノジェネシスは父バゴ。この2頭は外せないか?

予想

◎:ラヴズオンリーユー
〇:クロノジェネシス
△:シャドウディーヴァ
☆:ジョディ―
人気どころは結局外せず。でもシャドウディーヴァも父ハーツクライだしジョディ―も母父モンサンで欧州血統。2頭とも東京実績が高いだけに掲示板入りぐらいはしてほしいところ。

| | コメント (1)

2019年5月12日 (日)

19年ヴィクトリアマイル予想

ルメール騎手の騎乗停止、リスグラシュー、ディアドラなど有力牝馬が海外遠征で回避したなかで、ラッキーライラックやアエロリット、ソウルスターリングなど陰に隠れてしまったG1馬ばかりが揃った今回。あ、レ(ryもいるね(笑)

でもこのレースはマイルなだけに、過去にもこれでもかと言う位の実績を残すディープ産駒に寄ってしまうのも事実。なのでプリモシーンやミッキーチャームなどのG1未勝利馬の方が魅力がありそうです。特にプリモシーンは牡馬混合戦の関屋記念やダービー卿CTなどで実績を残しているのでここも注目。でももっと不気味なのがカンタービレ。どうしてもアーモンドアイやリスグラシューなどのG1実績馬に推され気味だったここはチャンス。何せルメールがいなくてもMデムーロ騎手がいますし(笑)

予想

◎:プリモシーン
〇:アエロリット
△:ミッキーチャーム
☆:カンタービレ
やけにカンタービレの人気が低かったのでここは☆に。どうしてもラッキーライラックはオルフェーヴル産駒らしい「気まぐれ」な一面もあるのも事実。そして欧州系血統のソウルスターリング(父フランケル)やレッドオルガ(母父ダンシングブレーヴ)もあてにできないんですよね。
まあそれを言ってしまえばカンタービレもそうなのですが・・・(母父がガリレオ)

| | コメント (1)

2019年5月 5日 (日)

19年NHKマイルカップ予想

さあ「令和最初のG1」って言われてるレース。もうやめておきましょうよしつこいから・・・

桜花賞を完勝したグランアレグリアが1番人気になっていますね。マイル得意なディープ産駒に牡馬相手でも好走実績。その上に何とかして(ryルメール騎手が乗るのでは本命にするほかは。

他の馬ですが、トライアルレースや前哨戦であるアーリントンCやNZTで勝った馬はあまり信用できないんですよね。逆にここで人気になって2着以下になった馬が好走したりするので、そこをねらい目で考えるとアーリントンC2番人気8着のヴァンディゼールやNZT2番人気3着のヴィッテルスバッハも候補に。かなりの低人気でも好走するパターンも多いですからねえここは。過去にもピンクカメオやジョーカプチーノ、マイネルホウオウなど2桁人気で勝っちゃう馬がいますしねえ・・・

予想

◎:グランアレグリア
〇:ヴィッテルスバッハ
△:アドマイヤマーズ
☆:ヴァンディゼール

アドマイヤマーズを忘れてましたが(笑)、皐月賞を負けてここにきて人気になる馬もあまりあてにならないのも事実。むしろ皐月賞13着のファンタジストの方がいいかなとも思ったり。でもあえてこちらに。

| | コメント (1)

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »