日記・コラム・つぶやき

2018年5月 8日 (火)

母が・・・(スマホでは閲覧注意)

(この話は重苦しい話なので、あえて色で伏せておきます)
日曜日、母が天に旅立ちました。

旅行から帰ってからは、まだしゃべるところまではいたものの、次の日から食事が出来なくなり、徐々に言葉も出なくなっていき、日曜日の朝に病院に呼ばれたときは呼吸が乱れた状態。家族や親せきに見守られながら息を引き取りました。

本当は旅行に行くのもやめようかとも思っていたのですが、その時の母は「気にせずに行っていいよ」と言ってくれて(姉もその言葉で別方面の旅行へ行く事が出来た)、最後まで気を使ってくれていました。私たち姉弟も、まさかこんなに急激に衰えてしまうとは思わず…。
一度は3月に退院して一緒に食事もできたのですが、4月からまた徐々に悪くなり再び入院、一度帰宅して自宅で療養できたのですが、再び悪化して再入院し、そのまま病院での最期でした。

そして、問題は病名。死亡診断書の死因には「肝がん脾腫」、つまりガンの一種である事が分かりましたが、当初は手術直後に「ガンではない」との通告を受けてたのにも関わらず、あとでガンである事が分かるという不可解な状態でした。
医者の話によると、今回の母の症例は病院では5年前に1度しかない珍しいもので、術後の検体を大学病院で調べてもらっても、原因不明だったそうです。だから特効薬がないから抑えるしかない、薬で治療し、黄疸を抑えるために外にタンクを出して排出するなどの方法を取っていました。

しかし、私の他姉や親類には知らされず、親父だけに医者から告げられていたそうなのですが、4月の再入院の時点では「手術で摘出した脂肪の固まりが同じぐらいに出ている。もう処置ができないかもしれない」状態だったそうで、「まるで倒せないエイリアンのような症状だ」とまで。
簡単に言ってしまえば、極めて症例の少ない病気にかかってしまったという事です。
今の私に言えるのは、母の与えた検体をさらに分析して何か打開策を見出してくれる事を祈るしかありません。それが同じ症状にかかった方を救うきっかけになるかもしれないから。

 
そして今、2日間の葬儀を終えて、ようやく落ち着いたところです。
これから親父と2人で過ごさなくてはなりませんが、この後初盆までやる事が多いですが、姉夫婦の手助けもあるので、ここは何とか乗り切っていくだけです。
その間、今も更新の少ないブログですがさらに減るかもしれませんがご容赦ください。 また落ち着いたところで競馬予想なども再開いたします。

| | コメント (0)

2018年3月25日 (日)

桜とSL

3月も終わりに近づき、思ったより早く桜の開花が始まってます。今日は会社の道具作りを少ししてから、ちょっと近くまで桜の写真を撮りに行って来ました。

2018home012
まあ毎年のごとく天竜二俣駅ですが^^;桜の方は八分咲きといったところ。

2018home011

最近母の入院などで写真を撮る余裕がなかったので桜の写真は久々にいい機会でした。今度は動物写真を撮りたいところだけど、それはやはり来月GWの長崎の旅行待ちかな・・・

2018home010
もう一つ撮ってきたのが、天竜二俣駅前の道路の向かい側にある機関車公園。そこにあるC58 389号機は実際に国鉄二俣線(現:天竜浜名湖鉄道)で走っていた蒸気機関車の1両で、旅客や貨物運搬に使われていました。ただ部品盗難があったり表面がデコボコだったりと、あまり状態は良くありません。一部部品が復元されていたところもありましたが、再び走行するのは困難そう。せめて見た目の復元をしてほしいところですね。

2018home013

ちなみにこれが389号機の現役時代。親父が1970年に撮った貴重な写真です。(金指駅前にて)

| | コメント (0)

2018年3月11日 (日)

ついにあの季節が・・・

母が退院し、少しずついつもの調子に戻りつつありますが、3月に入っていよいよ花粉症の季節に入り始めてます・・・。1月から風邪予防を兼ねてマスクを常時付けて仕事をしているため、まだ鼻に関しては落ち着いているのですが、目の方が徐々に痒みが出てきています。目薬をしながらしのいでいますが、そろそろ病院に行った方がいいかも。今後暖かくなってますます花粉が飛ぶようになるときつそうですし。4月末まで耐えるしかありません。

2018cars001

みんカラでは何度か取り上げてますが、車も1年を過ぎていろいろ手を加えてます。純正のサイドシルスポイラーを取り付け、リアフォグランプをバンパーリフレクターに移動、そして空いたリアフォグランプ部にバックランプを入れて2灯化…など結構苦労する作業になりましたが、ホイールは純正だし、見た目ノーマルと変わりません(笑)
でもこれ以上派手にするつもりはないので「パット見ノーマルな大改造」を続けて行こうかと。

2018cars002

そして先日走行距離が8800㎞を越えました。キリ番撮影はこれが初だったり^^;
仕事が仕事なので、前のGJ程距離が伸びてませんが、今後長崎旅行や夏や冬で長距離ドライブに行く予定なので、まだまだ伸びていくはず。でも年間10000㎞はいきたかったなあ・・・

| | コメント (0)

2018年3月 6日 (火)

退院

異変から3ヶ月、入院から2ヶ月で、ようやく母が家に戻ってきました。やはり家族がいるのは安心できますが、それでも以前と同じ生活とまではいきません。肝臓を一部切除した影響で胆管からの排出が弱くなってしまい(それが長く続いた黄疸の原因)、結局外に排出物を出すホースと、それを溜めておくタンクをぶら下げた状態で今後過ごさなくてはなりません。
一番の問題は入浴。ホースが体にささっている状態なので浴槽につかる全身浴は出来ず、シャワーと半身浴で洗う他ないのですが、夏場はともかく今のような冬場になると冷えた浴室でシャワーだけではとても温まりません。そのため親父とも相談して半身浴可能な浴槽と浴室・脱衣所暖房を備えるリフォームを検討してます。これから春になり暖かくなる今のうちに検討しておかないと、今後気温変化で母の体調を維持していかないといけないわけで、まだまだ大変な状態が続きそうです。
とりあえず、母は「今日のごはんが美味しい」と涙しながら食べてました(^^;)病院食を2ヶ月も続けてわけだからねえ…食べ過ぎないようにね。

| | コメント (0)

2018年2月25日 (日)

予想以上に長引いてます

母の肝臓手術からもうすぐ2か月。黄疸(肝機能低下で皮膚が黄色くなる症状)は手から順に徐々に回復しつつあるのですが、医者によると「肝臓の一部切除の影響で一部管が狭くなっている事で排出が遅れている」らしくてまだ入院が続きそうです。
3月こそは退院へ向けてと言いたいですが、5月の旅行は家族で行く事を断念しました。3月で退院できてもまだ体力が回復しにくく、遠出は厳しいと判断。まあいつか回復したら、遠くへ連れて行くつもりです。楽しみがあった方が良いですし。その間は親父と私の2人きりの生活が続きます。やはりそろそろ相手探しもした方がいいのかなあ・・・
ともあれ、家族で旅行は出来ませんが、一人旅は問題ないので、旅行に関しては予定通り九州に行く予定(笑)といっても、予定していた宮崎ではなく長崎の佐世保方面へ。ハウステンボスのオランダの街並みを撮るのもいいし、触れ合える動物園のバイオパークに行くのもよし。いずれにしても、まずはフェリー予約開始が近いので、そこで何とか予約できればと。

| | コメント (0)

2018年2月11日 (日)

リコールと1年点検

今の車を買って1年になり、そろそろ1年点検の季節になってきました。しかし今回はいつもと違い、もう一つ「リコール」も控えてます。そう、スバルの無資格者検査問題による再検査リコールです。
一応前もって去年に問い合わせて1年点検とリコールを一緒に行う事にしましたが、それでも丸1日かかる上に、土日はほとんど予約でひしめいているとの事で、今週木曜日に有休をとって持っていくことにしました。まあ休む口実にもなるし(笑)
そして検査後には5万円を返金するとの事で、その手続きも大変そう・・・まあ春の旅行の資金になるし。もっとも、今、母はまだ入院中で、退院の目途がまだ立っていない状態。3月ぐらいまでに回復すれば安心して船旅もできるだろうけど、どうかな・・・

| | コメント (0)

2018年2月 4日 (日)

どうにか往復

2018takayama001

全国で大雪に見舞われていますが、奥飛騨の穂高岳まで行ってまいりました。ほんとなら山々の眺めを写真に収めるつもりでしたが、やはり霧が深くて写真になりませんでした。とはいえ、車の移動には特に問題なく、とりあえずの目的地には到達できたわけで。

2018takayama002
雪の回廊も楽しめましたが、やはり中国人観光客が多いですね^^;あちこちで家族で来ている人々を見かけました。
ツイッターでもとりあげていますが、クマ牧場にも寄って動物写真も撮れたので楽しめたかなと。

| | コメント (0)

2018年1月24日 (水)

天気が心配

母の体調は徐々に回復していますが、黄疸(肝臓機能が低下して全身が黄色くなる症状)がまだ残っていて経過観察の状態です。「美味しいものが食べたい」と嘆いてますが、そこは辛抱してもらわないと。とりあえず、気を紛らわせられるようにパズルの雑誌を買っておきました^^;少しでも嫌な気分を減らせられればいいのですが。
さて大雪が降っていますね。うちの周りも夜から降り始めて、畑では白く積もり始めています。明日の朝がちょっと心配。いや車は冬用タイヤの4駆で対策はしてあるのですが、窓に雪が積もると固まって取り除くのが大変になりそうなので・・・。
そして来週は奥飛騨へ旅行に行く予定なのですが、これも大雪になれば道路の通行止めなどが心配で、当初は奥飛騨の温泉宿に泊まるつもりでしたが、帰りやすくするため高山のホテルに変更。もっとも東海北陸道が通行止めにもなり兼ねないので出発前3日前まで見極めて判断する予定。今週で雪の峠を越えますように…

| | コメント (0)

2018年1月18日 (木)

野菜が高い!

母がいない分スーパー行く機会が多くなったのですが、高いですね野菜。うちでも家庭菜園で野菜は育ててますが、レタスや瓜系はないので買いに行くのですが、やはりその値段を見てためらってしまいます^^;でも寒い時期にはカボチャの煮物がうまいし、揚げ物にはレタスが付き物だし…

2018home004
とりあえず、家で採れる大根・キャベツ(小玉)と、姉夫婦の家で採れる白菜・ほうれん草・ネギを交換して野菜確保をしております。姉の家の方が畑が大きいので結構大きい野菜が採れるんですよね。まあ家には2人だけなので、腐らせない程度で確保していかないと。

| | コメント (0)

2018年1月11日 (木)

JRA賞発表と母の状態

遅れましたが、JRA賞が発表されましたね。
まあ大方の予想通りで、年度代表馬はキタサンブラック、他も予想通りでしたが、最優秀4歳以上牝馬がヴィブロスですか・・・。確かにドバイターフを勝ってはいるものの、それ以外のレースが、ねえ・・・まあ「該当馬なし」になるのはごくまれですし仕方ないとは思いますが。
 
さて、母の手術も無事終わりまずは一段落ですが、初めての身内の手術だっただけにいろいろ大変でした。てっきり術後はモニターで説明するのかと思いきや、私と親父が呼ばれて、執刀医立会いの下、「切除した脂肪の固まり」をドンと見せるとは思いませんでした(;´Д`)
何せ大きさが拳ほどの物が2つ。もちろん血が付いた生々しいものです。正直直視できませんでしたよ(;´Д`)
何でもこの2つが肝臓にこびりついて、隣の腎臓を圧迫してたのが激痛の原因だそうで。幸い肝臓に張り付いていた個所はわずかで、肝臓は小範囲一部切除で済みましたが、胆のうも切除する事に。もう一つ幸いだったのが肝臓がんではなかったこと。これががん細胞発見ともなれば手術はより厄介なものになっていたそうで、そこは一安心でした。
もっとも腹を切ったわけですから、現在は痛み止めに頼りながら、少しは会話ができるものの意識はまだ朦朧としている状態。それでも一人にしておくのは不安なので、毎日親父が様子を見に行っている状態です。私は仕事なので毎日とはいきませんが、時折残業をやめてお見舞いに行く事にしてます。あとは回復するのを待つばかりですが、それでも腹の違和感は一生背負っていくわけですから(私も腕に縫い跡があるので分かる)。
予定では1月末には退院できるかもとの事なので、2月半ば辺りで温泉でも連れて行こうかと思っています。少しは楽しみを与えてあげないと。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧