映画・テレビ

2016年1月24日 (日)

映画を見てきた(ネタバレ注意)

というわけで、ニンニンジャーVSトッキュウジャーの感想を簡単に。
伏せにしておきますが、スマホでは見れてしまうので注意。

・最初に言ってしまうと、去年のトッキュウジャーVSキョウリュウジャーに比べれば大分充実したストーリーだったと思います。ニンニンジャーのテーマである「家族」のストーリーもしっかりとらえてあるし、天晴とライトがほとんど同じ性格「細かい事は考えない」「常に前向き」と同時に「自分の問題は自分で解決しようとする」ところも、終盤のライトと同じ行動。その天晴の思いをライトが一番よく分かっていたから解決…といういい流れです。よく考えてみたら、過去の劇場版VSシリーズで、ここまでレッド同士の性格が似ているのは珍しいですね。大体は性格が正反対(お気楽レッドと真面目レッド)のパターンが多いですし。

・そして各キャラの見せ場。トッキュウジャーメンバーはらしさ全開で、トカッチとミオは相変わらずの凸凹カップルだったり、ヒカリは久々のけん玉探偵で登場したり、カグラはAKB調から忍者、扇風機(笑)などコスプレ全開。明はあまり目立ちませんでしたが、「ここが俺の死に・・・いや、仕事場か」と言い換えてる所など変化も見せていたりします。そしてそれに組み合わせるニンニンジャーのメンバーはまたバラバラ。キンジにはカグラ、八雲・凪・霞にはヒカリ、風花にはトカッチとミオという少々性格バラバラな構成。でもそこがいつもとは違う雰囲気でいいですね。

・一方の敵側。牙鬼軍団で登場したのは九衛門だけだったのはちょっと残念。他のメンバーも揃えてほしかったなと。そして今回の強敵である闇博士マーブロはやまちゃんらしい明るいながらも冷酷な味なキャラに。そしてシャドーラインの面々も忍者をモチーフに復活・・・忍者?
あのー望月千代女(ノア夫人)は忍者というポジションには遠いような気が・・・
石川五右衛門(シュバルツ将軍)も・・・「五右衛門殿は忍者だったという説がございますぞー!!(某住職代理曰く)」
そして唯一霧隠才蔵とまともな忍者モチーフなネロ男爵。しかし、彼本人の扱いが…相変わらず気の毒な役回り(笑)てか風花・カグラより女装キンジに惚れるのはお約束でしたね。
でもどうせなら、最終回で闇の世界に消えたグリッタ嬢と皇帝ゼットの事も少し触れてほしかったなあと思うのは私だけでしょうか?

・そして巨大戦。予想通りライオンハオーにトッキュウオーが乗り込んだ覇王トッキュウダイオーに。クライナーロボ相手に全オトモ忍でアタックという豪華仕様。どちらかといえばニンニンジャー側のロボをメインにしたのは正解かなと。

・毎年恒例の新戦隊お披露目は中盤戦にて。ニンニンジャー達が忍者ランドへ向かっている間に牙鬼軍団が攻めようとした時にジュウオウジャー登場。動物をモチーフにしながらもブロックが武器やメカのイメージになるようですね。そして悪者かどうか分からない内に倒してしまうという性格からして、コミカルなストーリーになりそうですね。果たして来年にはニンニンジャーとの共演はどうなる?それ以前に仮面ライダーゴーストとの1時間合体スペシャルはどうなる?あとはせっかくの40作目なのですから、動物系スーパー戦隊(ライブマン、ガオレンジャー)との共演も見てみたいですね。

2016ninninger001
ついでなのでミニプラで覇王トッキュウダイオーを再現してみました。といっても、乗せるのはかなり強引なうえに、両手のビルドレッシャーはただ乗っけてあるだけなのですが。

| | コメント (0)

2015年1月17日 (土)

映画見てきた(ネタばれ注意)

今日から公開された「列車戦隊トッキュウジャーVSキョウリュウジャーTHE MOVIE」をさっそく見に行ってきました。去年ほど盛り上がる要素が少ないな~とか思っていましたが、まあそこは伏せレビューにて。スマホでは見れてしまうので、ネタばれ嫌いな方はご注意ください。

・一言で言ってしまえば、今までとは違うアプローチで挑戦してる感じはしますね。いつもなら出だしから両戦隊顔合わせ→意見対立→悪幹部共闘→ピンチから和解→打開策→全員で名乗りから戦闘→巨大戦という展開なのですが、今回は中盤で巨大戦を終わらせてしまって、そこからピンチになり、打開策で共闘、巨大戦なしで決着という展開。ただ、その分この事で最終ボスである創造主デビウスがいまいち強い敵に見えなくなってしまったのが・・・どうせならここで再び巨大戦にして、仮面ライダー大戦で登場したトッキュウキョウリュウジンで挑んだ方がよかったのでは・・・とか思ってしまいます。

・でもメンバーは見事に生かしてましたね。特にキョウリュウジャーメンバーのはっちゃけぶりがほんとに。キング(ダイゴ)はやっぱりキングらしく突っ込みぶりですんなり烈車にも乗れてしまうし、イアンはやはりミオとカグラにちょっかい出そうとするし、ノッさんも親父ギャグ満載でトカッチと息ピッタリ(トカッチは否定してるが・笑)、ソウジはヒカリと似たもの同士だけにすぐに「人見知りだろ」とすぐに見抜いて親近感沸いてるし、アミィはすぐに女の子メンバーと意気投合するなど、ちょっと吹き出しそうになりました(^^;)本当ならトッキュウジャーの子供姿の変身とか、マイッキー再登場、そしてシャドーラインの中で唯一ノリノリなネロ男爵(笑)などトッキュウジャー側でも笑える要素が多かったのですが、やっぱりキョウリュウジャーのキャラが強すぎて・・・

・そして今回イロモノになってしまったのがウッチー。ちゃんとシャドーラインの黒線の内側に下がったり、クロックシャドーの力で赤ちゃんになってしまったり(一応400歳越えてるはずなのになあ・・・)と、いろいろはみ出てしまった感が。そしてそのとばっちりを受けた感の明は出番少なめ。ウッチーのお守りをしてたり、抱きながらトッキュウレインボーに乗り、戻ったウッチーを抱きかかえる状態になったり・・・腐女子が喜ぶだろ!(笑)

・しかし、ところどころが曖昧になってしまったのも事実。「なぜトッキュウジャーはデーボモンスターを倒せないのか、なぜキョウリュウジャーはシャドー怪人を倒せないのか」という理由がいまいち分からずじまいだったし、ギャラクシーラインのレディやキャンデリラ・ラッキューロの喜楽コンビ、トリンや総裁の登場があまりに少なすぎて登場の理由が分からないところがあったし、そこらはもっと手入れして欲しかったですね。昨年・一昨年が盛り上がってただけに、ちょっと物足りなさを感じました。

・そして、割と早い段階で登場した新戦隊のニンニンジャー。とりあえず顔見せで登場したのですが、クライナーロボが相手になった時は、早くも新ロボ巨大戦か?と思いきた、忍術で小さくしてしまいました(笑)ともあれ、忍者系スーパー戦隊3作品目という事で、来年VSシリーズは、やはりカクレンジャーとハリケンジャーとの競演もするのでしょうか?少なくとも、ハリケンジャーはアップを始めてるかもしれませんが(笑)

| | コメント (0)

2014年1月18日 (土)

早くも見てきた劇場版(ネタばれ注意)

今日は劇場版キョウリュウジャーVSゴーバスターズの公開日なので、さっそく見に行ってきました。割とすんなり入れた印象。まあいろいろ突っ込むところがあるのですが、そこらは伏せレビューで。スマホでは普通に見れてしまうので要注意ですよー。

・結局「親友の死」とは何なのかが明かされるのですが、やはりガブティラでしたか…でも最終的に蘇ったわけだし、いまいちタイトルに違和感が(笑)まあ「過去のガブティラ」との別れがあったわけだから、それでもよしかもしれませんが…

・そして悪者化したキョウリュウジャーもほんのちょっとだけでしたね。てか過去に行って恐竜を絶滅させる理由がいまいち曖昧だったのも「?」をつけざるをえません。全恐竜系戦隊を向かわせるのならまだ分かるのですが…

・でも恐竜系戦隊の集結は圧巻でしたね。ティラノレンジャー・ゲキ役の望月氏は最初20年ぶりの登場でイメージはどうかなと思いましたが、やはり貫禄がありますね。むしろ以前より厚みが増した感じで、とても引退した方とは思えませんでした(^^;)そしてアバレッド・凌駕役の西氏は、登場時の悪どい低い声も、いつものポジティブ口調も合いますね~(笑)さすがドラマで活躍中の方。

・そしてアバレブルー・幸人役の富田氏がちょっと登場の他、他のメンバーも声で出演。名乗りや必殺技など熱い展開が目白押し。ほんとなら全員素顔出演もしてほしかったけどねえ…それは難しいか。そして、トリケラトプス戦士(トリケラレンジャー、アバレブルー、キョウリュウピンク)のトリオ攻撃や、プテラノドン戦士(プテラレンジャー、アバレイエロー、キョウリュウゴールド)のトリオ攻撃も見事。最初メイとらんるの女性戦士の間にウッチーが加わって違和感が…と思ってたのですが、ウッチーはアミィより女子力あるし問題ないかなと(笑)

・もちろんキョウリュウジャーとゴーバスターズの絡みも絶妙。ノッさんとリュウジがおやじギャグで意気投合してウッチーを戸惑わせたり、アミィとヨーコはエスケイプ相手に女性陣の華麗なる戦いを見せたり(3人とも体やわらかい!)、イアンとソウジはJを相手に逆にピンチになったり(笑)、なかなか素直にならないヒロムとポジティブ満点のダイゴの凸凹コンビっぷりも。

・そしてみんなが思ってた「ヒロムがトリンに出会ったら」というシーンも…やっぱりフリーズしそうになりましたね(^^;)確かに「あれ」じゃないけど「あれ」に見えなくもないしね(笑)そして黒リンも登場しましたが、今回黒リンがいい味を出してるんですよ。トリンの「ひげ?」に何気にさわりさわりしてたり、弥生の「3、2、1、来ます!」の台詞にデジャヴを感じてたり、様々な黒リンのシチュエーションに笑いをこらえ切れません(^^;)

・そして「ヴァグラスのわずかに残った残留プログラムを宇宙大恐竜ボルドスが再生」という形でエンターとエスケイプも復活。でもやっぱりやられるのはあっさりしてたのはちょっとなあ…まあ去年のバスコよりはましだけど(笑)そしてその残留プログラムによってビートバスター・陣も復活。やっぱり全員揃わないとねえ。

・そして巨大戦。ガブティラ、爆竜ティラノの戦いっぷりは元々CGだけに慣れてるのですが、守護獣ティラノは元々ミニチュアと特撮だったので、そのしなやか過ぎる動きに違和感を覚えたり(笑)でもキョウリュウジンとアバレンオー、大獣神が並び立つ姿はいいですね~ドリルでコンビ技を繰り出したり、やられそうになったとところでライデンキョウリュウジンになったりと、そこらの連携が見事。ただゴーバスターズの獣電地でブレイブイン→タテガミライデンキョウリュウジンに→必殺技でボルドス撃破…という流れがあまりにあっさりしすぎて、ボルドスが弱く感じてしまいます。もう少し引き伸ばせなかったかなあ…

・EDはもちろんお約束のダンス。キョウリュウジャーとデーボスだけでなく、ゴーバスターズもダンテツも、トリンも、他恐竜系戦隊も、陣たちも、エンター達も踊っちゃうんだ~♪やっぱりこれがないと。そしてエンター達が特に何気に楽しそう(笑)

・EDも終わって終わりかーと思ったら、ここで生き残ったネオガイルトンに対して新戦隊のトッキュウジャーが登場。一応38番目の戦隊にしとかないと、影口で言われてる「ご当地ヒーローみたい」を払拭できないよ(^^;)
そして最近の戦隊と違って色別のキャラではなく1号・2号…で割り切られてる理由がここで明らかになります。そこまで鉄道ネタかー!(笑)果たして小林さん脚本でどんなキャラにしてくのか、気になるところです。

| | コメント (0)

2013年5月 3日 (金)

やっと見てきた(ネタバレ注意)

スーパーヒーロー大戦Zをようやく見てきました。あれを見た後、食玩版ウィザードラゴンを買っておけば…とか思ってしまいました(笑)ミニプラ・キョウリュウジンと合わせて劇中技を再現できるのに・・・。
ともあれ、いつもの伏せレビュー。(スマホは見えてしまいますが^^;)

・今回は宇宙刑事・仮面ライダー・スーパー戦隊と大勢の登場。ゆえに大分活躍する登場人物は絞り込んでいる感じです。メインは十文字撃(ギャバン)、ヨーコ(ゴーバスターズ)、鎧(ゴーカイジャー)の3人。そしてそこに晴人(仮面ライダーウィザード)と攻介(仮面ライダービースト)が絡むわけですが、晴人は中盤になると出てこない上に、もう一方のスーパー戦隊、キョウリュウジャー達に至っては最初と終盤しか出ないという・・・メインはギャバンとはいえ、少々絞りすぎな感もしますが・・・フォーゼや他のゴーカイジャーも声のみ出演。

・とはいえ、お馴染みのコラボ戦闘も健在。ギャバンを助けるのは宇宙関係のメンバー(仮面ライダーからはスーパー1とディケイドとフォーゼ、スーパー戦隊からはフラッシュマンとデカレンジャー)、ビーストを助けるのは野獣関係のメンバー(仮面ライダーからはアマゾンと響鬼、スーパー戦隊からはライブマンとギンガマンとゲキレンジャー)、またゴーカイジャー達は、メタルヒーローのレンジャーキーで歴代メタルヒーロー(ドラフトレッダー、機動刑事ジバン、ジライヤ、ブルービート、ビーファイターカブト、特捜ロボジャンパーソン)にチェンジ。でもここに異議あり。それならブルースワットを入れて欲しかった所。エイリアンの集団スペースマフィアと戦って宇宙繋がりなわけだし・・・。

・一方で、ギャバンの相棒であるシェリーの前に、シンケンジャーのことはが登場という、同じ森田涼花さん繋がりのコラボも。スーパー戦隊なわけだし、これはうれしい限りですね。それになんか森田さん=関西弁のイメージがあって、普通語に話すシェリーは何か違和感があるのですよ(笑)

・一方、懲りないショッカー軍団。今度は宇宙刑事シャリバンの宿敵マドーの手でスペースショッカーとして復活という・・・そろそろそのパターンやめない?(笑)やってる事、登場する幹部は毎度同じだし。まあシャドームーンの声がてらそままさき氏とやっと本来の声で登場したのはうれしい限り。去年までキンタロス役ばかりだったもんねえ(汗)電王メンバーもようやく一区切りしたと言う事でしょうか?

・話を戻し、撃に次ぐ主役になっているヨーコが見つけた謎の生命体サイコロン。名前的にオチが見えてる感じもしますが、案の定魔王サイコの頭脳の一つで、ヨーコの声に答えて目覚め、破壊されると言う…。ここらは何かお決まり過ぎて・・・もう一ひねり欲しかったところ。

・最後に、他の方達からも賛否両論が起きている、初代ギャバン・一条寺列(大葉健二氏)の「地球破壊という苦渋の決断」の話。確かに今までのギャバンとは違和感がありすぎる感が強いですね。ウィザード達を悪者に決めつけ、再調査を認めず、倒すのを拒否した撃に対して宇宙刑事剥奪とまで・・・。ここらは「実は宇宙刑事剥奪にしておいて自由にさせて、裏で調査をさせるつもりだった」とかフォローがあったら、少しは違和感が減ったでしょうに・・・。オリジナルキャストなのですから、もう少しオールドファンへの配慮も…ねえ。

| | コメント (0)

2012年4月21日 (土)

さっそく見てきた

今日は「仮面ライダー×スーパー戦隊 スーパーヒーロー大戦」の公開日。ちょうど今日は暇が出来たのでさっそく見てきました。やっぱり初日だけあって大勢の客が訪れていました。子供連れの家族だけでなく、カップルや個人もいて、もう市民権得てるな~という感じで。しかし仮面ライダーとスーパー戦隊の共演まで来て、来年は一体どういう形で映画にする気でしょうか!?(笑)

ともあれ、毎度の伏せレビューで。

・今回はフォーゼとゴーバスターズは冒頭と終盤しか出番がないですね(^^;)主役はもちろん門矢士(ディケイド)とマーベラス(ゴーカイレッド)ですが、副主役というポジションで海東大樹(ディエンド)とジョー(ゴーカイブルー)と青同士という組み合わせ。ルカ、アイム、ガイはあまり登場せず、マーベラスとジョー、士と海東の対立と友情が細かく描かれています。

・そして戦闘はキャラのリンクが多いこと多いこと。
フォーゼ・エレキステイツvsデンジレッド(電撃対決)、フォーゼ・ファイアーステイツvsマジレッド(炎と消火)、レッドバスターvs仮面ライダーカブト(クロックアップと超高速勝負)、スペードエースvs仮面ライダーブレイド(スペード対決)、バトルジャパンvs仮面ライダー響鬼(日本風勝負?)仮面ライダー龍騎vsゲキレッド(ビースト召還)
とにかく夢の対決の連発です。

・一方の悪の組織の方も、ザンギャック側はかなりの豪華メンバー。ブラジラはまたしても仮の姿総登場するし、ワルズ・ギルは相変わらずのバカ息子だし。そして何より懐かしのアンチヒーローの代名詞、シルバまで登場。一方のショッカー側は登場メンバーは多いけど、ドクトルGが目立ちすぎて少々影が薄い感じが。スーパー戦隊側に近い感じがしますね。

・そしてジョーとハカセ、海東と比奈という奇妙なメンバーでデンライナーに乗り込み、過去の世界へ。今回はちょっと出な感じの電王レギュラーですが、相変わらずのキャラぶり。ところで、プリンだけでデンライナーは呼べないと思う(笑)

・そしてジョーと海東、そして士とマーベラスが倒れたあと、悪のメンバー総登場。「全てのライダーとスーパー戦隊は消え去った。」おーい!ハカセが!まだハカセがいるって!!(笑)ほんとに存在感ないなあ…。しかし、それは士とマーベラスの作戦。というよりいつの間にかこの2人会ってたんですねえ。そしてライダーと戦隊が集結。早い段階で退場してた(汗)メテオとバース2人、そしてフォーゼとゴーバスターズも交えての大激突となります。

・こちらの対決もかなりの見もの。電王は相変わらずのイマジン4人の大騒ぎだし、フォームチェンジもいろいろ登場するし、さらにこの戦いならではのコラボで、オーズのメダルでレンジャーキーにして豪快チェンジ。でもてっきりサゴーゾがアイム、プトティラがガイだと思いましたが…ともあれライダーの姿でゴーカイガレオンバスターを使いシルバを撃破。一方でカード使いのライダー(ディケイド、ブレイド、龍騎)にゴセイジャーのカードが渡され、天装術の力でドクトルGを撃破。そのドクトルGの正体はお馴染み鳴滝さん。この人の意図っていまいち読めないんですよね…。結局何がしたいのか。

・そして宇宙最高のお宝である巨大メカ「ビッグマシン」を海東が強奪。今回の海東はすごい悪役に徹してますね。そしてワルズ・ギルとアクドス・ギルと交戦中だったゴーバスターオーに襲い掛かります。てかこの親子弱すぎ(笑)そしてなぜか都合よく(笑)イエローバスターが弾き出されて、代わりにフォーゼがRH-03のコクピットに乗ります。ウサダと大喧嘩すると思いきや、意外に素直。どしたのウサダ(笑)

・さらにアストロスイッチ「S-1」「S-3」でゴーバスターオーにロケットモジュールとドリルモジュールが。ビッグマシンを操縦するディエンドと宇宙決戦に。「イトカワを越えた!」と何気に宇宙知識を見せつつ(笑)土星まで達すると、そこから「ライダー戦隊大宇宙キック」でビックマシンを破壊。もう王道的なラストですが、これミニプラで再現するのは難しそう。フィギュアーツ2つ買わなけりゃ…(笑)

・ラストはゴーカイジャーと映司・比奈のオーズメンバーとの和解。てかハカセ、比奈の手を握りすぎ(笑)一方でボロボロになった海東に元の姿の士が「らしい」友情で手を差し伸べるという形に。一方でフォーゼもレッドバスターと友達のシルシを交わすなどらしさを見せてます。ところで気になるのは、ゴーバスターズとゴーカイジャー、素顔の戦士たちは顔見せしていません。変身後はともに戦っていましたが、最後のシーンでも距離を置いた形に。これはもしかしてVSシリーズは「ゴーバスターズVSゴーカイジャー」をやると言う事でしょうか?

| | コメント (0)

2010年2月 6日 (土)

銀幕BANG感想

映画シンケンジャー見てきました。とりあえずネタばれ含むので伏字で。

・ゴーオンジャーとの絡みは見事ですが、レッド同士の戦いが中心で、他のプレーンワールドに飛ばされたメンバーがどのように助けられたのか書かれなかったのが残念。特にジャンクワールドの早輝と範人、流之介の話はあまりに短すぎて…。

・こっそりと三途の川でただよっていたらしいガイアーク3大臣。ちょっと出だったのが残念ですが、でもしっかり存在感は残してるのが好印象です。

・アクマロが生きている、裏正と三味がなくて十蔵、薄皮太夫が雇われの身、ドウコクも普通にいる、サムハイハオーが既に完成、モウギュウバズーカは持っていない事を考えると、第三十六幕、三十七幕の間辺りの話になるようです。もう最終幕近い時にこの時の話、子供達はちょっと混乱するかも。

・そのアクマロ達には次回作のゴセイジャーが相手に。影で見ていたダイゴヨウの「提灯は見た!」に吹きました(笑)てかダイゴヨウが意外に大活躍。サムライワールドでは普通に岡っ引き達といるし、ボンパーとのやりとりでは「他人には思えない」とまで。いいキャラだ、ダイゴヨウ。

・レッド同士、冷静な丈瑠と突っ走り屋の走輔。なかなかいい取り合わせで面白かったです。最大の見所のバイクウガッツとナナシ連中対車に乗ったゴーオンレッド&シンケンレッドも、カーアクションならではの対決で見ごたえがありました。一人だけバイクにならず、オンブで駆けてくウガッツとナナシに微笑ましく思ったり(笑)

・そしてガイアーク害統領バッチードとの巨大戦。2体の多数合体のエンジンオーG12、サムライハオーで殴り合いかと思いきや、全員のフォーメーションでイカテンクウバスターを構えるエンジンオーG12に。これ、ミニプラで再現がしたかった(笑)

・最後はゴーオンジャーお馴染みEDをシンケンジャー版に改めた「侍ファーストラップ」。派手に決めましたね~。そして、最後の最後には、ディフォルメ炎神達とともに、ディフォルメ折神獣達まで!ちゃんとしっかり見たかった!(爆)

意外に映画館では子供連れのみならず、女性の方も多かったです。やっぱり年齢層が広がってるんですねえ(^^;)

| | コメント (0)