経済・政治・国際

2017年6月16日 (金)

パンダ狂騒曲・第2章

散々ツイッターでも書きなぐっているのですが、ここでもひとまとめに。
上野のパンダの赤ちゃん誕生。いや、それ自体は喜ばしいことなんですよ。5年前の急死からようやく誕生した命、何とか無事に育ってほしいところです。
しかし問題なのはマスコミやその他。誕生した途端に、NHKのニュースではトップニュースで伝え、株式市場もご祝儀相場に、専門家は「自然交配で誕生するのは奇跡」と評価、中国政府のコメントまで伝え、経済の専門家まで「上野のパンダの経済効果は広島の優勝時に次ぐ」とまで、なんかパンダが生まれただけでこの大騒ぎっぷり。ちょっと過剰すぎないか?と思えてしまいます。早くも上野界隈はパンダ商戦に沸き、「上野はパンダの街だ」と言わんばかり。
でもちょっと待った。和歌山の白浜・アドベンチャーワールド(以下AWS)のパンダをお忘れでないですか!?

2017panda001

ここでも何度も紹介している通り、AWSでは世界的にもパンダの飼育数は本家・中国に次ぐ規模。過去にも16頭のパンダが誕生し、両方の飼育が困難と言われていた双子のパンダの育成も5組成功(実際は7組だが2組は片方が死産・死去)、現在も5頭のパンダが飼育中(永明・良浜・桜浜・桃浜・結浜)。
何よりガラス越しじゃない場所で笹をバリバリ食べている姿を見る事が出来るのは日本でもAWSしかありません。
それもそのはず、AWSは一応中国・成都の大熊猫繁殖研究基地・日本支部の肩書を持ち、展示よりも繁殖・育成に力を入れている場所。ある程度成長したら、中国に送り、本部でさらに交配を進めて近親交配を避けたパンダの個体数確保を目指しています。実際、中国に渡ったパンダは何頭か繁殖に成功し「浜一家」と評価され、最近では梅浜(めいひん)が雌を出産して母・良浜同様自分で順調に育てています。
昔は中国では人工授精で繁殖していたのですが、それゆえに母も子も出産後に育児の仕方が分からず、気が付かない間に生まれた子を潰してしまう事もあったとか。そのため、近年では自然交配による繁殖を積極的に行っているとの事。その中でも、AWSでの繁殖実績はひときわ高いといえます。

2017panda002
しかし、ニュースではたとえ双子が誕生しても、NHKすら「その他のニュース・1分前後」でしか放映されず、新聞の見出しも小さく、上野のパンダとはあまりにも扱いが悪すぎます。
さらに、先週5日にAWSから3頭のパンダ(海浜・陽浜・優浜)が繁殖のため中国に旅立っていったのですが、これは全国ニュースすらされず、地元紙に載る程度。日中の友好親善に貢献しているのは和歌山のパンダのはずなのに、上野しか注目されません。

挙句の果てには「パンダといえば上野でしょ?和歌山にいるの?」と思っている人までいる始末(会社の人の実際の言葉です)。これだけの実績を上げているのに、この扱い、ひどすぎやしませんか?

ようやく今年4月にNHKスペシャルでAWSのパンダ育成に密着した番組が放送されて、これで少しは和歌山のパンダが注目されるかな…と思った矢先に上野のパンダで吹き飛んでしまいました。気の毒になあ…

もちろん、上野のパンダの赤ちゃんには罪はありません。
でも、このあまりにも格差がありすぎる報道の差には文句を言わずにはいられません。パンダを見たい方はぜひ和歌山のAWSに行く事をお勧めします。

入場料が高い?千葉の夢の国に比べれば安いでしょ。

| | コメント (0)

2016年7月 6日 (水)

まだまだ不安定

最近はだんだん暑くなってきたのですが、雲が広がると気温が下がる時があって大分体調管理が大変です。2週間前は風邪気味になって、のど飴とトローチのお世話になっていたし…両親の方も風邪ひかないようにいろいろ苦労しているようで、こちらも心配しています。

さて今週は参議院選挙があるようですが、いつものように友人が選挙の電話をかけてきます(^^;)まあ誰に投票するかは自身の判断なので、そこは流されないように。
毎度書きますが、投票は必ずすべきです。よく「安保法やTPPをどんどん推し進める政府が悪い」と言いますが、一応「国民の投票で選ばれた政治家が運営している」事をお忘れなく。政局を変えたいなら、自分の本位にあった候補者を選んで投票すればいい事。その上で正反対の政治をしたら「裏切った」と言えばいいんです。
中には「自分は投票してないからその議員を選んでない(だから非難をする)」という人もいますが、投票しない時点で大物政治家の「組織票」が「生き票」になってしまい、結果的にその政治家を「選んでいる」事になってしまいます。しっかり選んで投票をしましょう。投票しないのは抗議にも何もなりません。

| | コメント (0)

2015年8月15日 (土)

70年の迷走

終戦記念日となりましたが、少々耳が痛く難しい話になる事をお許しください。

戦後70年になって、今は安保法案の審議やら、朝中との考えの違い、安倍首相の談話の波紋やらで未だ戦時の頃を引っ張り続けています。確かに太平洋戦争の事は語り継がなければならないし、2度と戦争を起こさないようにしなければいけませんが、問題は70年前に決めた事が、今後100年、200年と通用するかどうかです。

私の考えでは、太平洋戦争は日本人の犯した愚かな罪だと思っています。ただ、何が愚かかというと、日本人の「平和」「戦争」「軍隊」のイメージが、この戦争で大きく狂わせる事になってしまったからです。元々戦争は何で起こるか。大部分は国民の士気によって起こされるものです。昔の戦国時代は元より、世界中の戦争のほとんどは国民の支持によって、さらに士気も高まっているところで挑む事が大半です。
近年のアフガニスタンやイラクにしても、アメリカ国民の同時多発テロの「報復」が引き金になって世論が高まった事で起きたもの。
逆に士気が下がったり、国民が反発すれば大抵は戦争は終結するもの。古くはアレキサンダー大王のインド遠征での兵士たちの反発から撤退、最近ではベトナム戦争が長引いた事によるアメリカ国内での反戦運動が広がった事などで、大半は国民の支持によって戦争は引き起こされ、終結するものです。
ところが、日本では「大本営発表」というウソの情報に惑わされたとはいえ、大半の国民はその戦争に勝つと信じて支持を続け、軍が海軍と陸軍が別々に行動するという、今では考えられないやり方で戦場を広げてしまった結果、原爆投下という最悪の形で降伏する事になってしまった。
その結果、大本営発表ばかり信じてた国民は「軍が勝手に戦争を続けた」→「軍隊があるから戦争は起きる」→「日本は軍隊をなくせば平和になる」と思ってしまう事になりました。その結果、自衛隊の法改正のたびに「戦争が起きる」「軍隊にするな」という議論がすぐに起きる状態に。
そして憲法9条にしても、本来は「戦争を起こす状態にしない」というだけの解釈だったはずが、国を守るための防衛の強化をすると「軍隊を持ったら戦争は起きる」という考えが起きて反発、過去の戦争を引き合いに出して「防衛を強化しなくても、憲法9条があったから平和を保てたじゃないか」と言い出す始末。
でもこれって「平和という言葉と、憲法9条を唱えれば、弾道ミサイルだろうが核兵器だろうが、バリアが貼られて守ってくれる」という、実に厨二病的発想にしか見えないんですけどねえ。

もちろん、「だから軍隊を今すぐ持って軍備を強化すべし」というつもりはありません。しかし、平和と戦争と軍隊という意味をもう一度考えるべきなのではないでしょうか。

私は日本が特に攻撃にさらされることがなかったのは、皮肉にもアメリカ軍のおかげだと思っています。沖縄でどんなに反発運動が起きても、アメリカ軍が駐留していた事で誰も攻撃してこないという「トラの威を狩るキツネ」の状態だからこそ、日本は平和でいられたのだと思います(大半の人は憲法9条のおかげだと思っているようですが)
しかし、アメリカも70年前とは大きく変わってきました。同時多発テロ以降、中東やアフリカでの活動の方が重要になり、フィリピン駐留のアメリカ軍も撤退させたりしています。その結果どうなったか。それが南沙諸島の中国の軍事基地建設に繋がったのだと思います。アメリカの影響力が小さくなったのをいい事に、中国が我が物顔で幅を利かせ始めているわけです。元々中国は「自分たちこそ世界の中心の国(だから中国)」という思想が根深く残っている国なのですから。
前にも書きましたが、もし沖縄からアメリカ軍が全て撤退したら「これで沖縄は安全だ」とはなりません。おそらく中国の軍船や漁船が沖縄近海で動き回るようになり、さらには「沖縄は日本が不法占拠した場所で、あそこは中国の琉球省(もしくは琉球自治区)だ」とか言い出すでしょう。実際に沖縄は、かつて薩摩藩が「植民地化」したのは事実なのですから。
アメリカ軍も自分たちの所で手一杯の時に、いつまでも日本を守りっぱなしではいられないからこそ、アメリカ側からも「防衛」を支持しているのでしょう。

今の安保法案がこれほどまで自民党が急いでいるきっかけは、4月に起きたイスラム国による日本人人質殺害事件があるでしょう。本来なら自国の国民は自国の責任で守らなければならないのが世界の常識。しかし、日本には海外へ捜査班を派遣して(もちろん武装もして)事態に備える形が整えられていません。だから他の国に頼もうとして、皆に断られて(自国の民を守るので手一杯)対応が後手後手に周り、結局殺害されるという最悪の結果になってしまった。世界に行かなければならない日本人は大勢いるわけだし、その際の対策を打てる形を整えなければならないのですが、それにも安保法の枠に含まれるべき要素です。つまり人質を平気で殺害できる相手に対する対策、つまり武装もしなければならなくなるわけですが、今の状態は「武器を海外に持っていくなんて戦争するようなものだ」と決め付ける状態です。
今後、ますます世界の思惑がすれ違って、憲法という紙切れだけでは平和が守れなくなるでしょう。だからこそ、もう少し平和と戦争について、改めて考えて声を上げる必要があるのではないでしょうか。日本には「太平洋戦争」という大きな「教訓」があるわけですから。
70年だからこそ、考えるべきだと思います。

| | コメント (0)

2014年12月 2日 (火)

ちゃんと選ぼう

いよいよ衆議院選挙が公示となりました。これからやかましい選挙戦に入るわけですが、やっぱりイマイチ盛り上がりに欠けますね。まあ切羽詰った自民党のやらかす方法ですが、これで何となく投票率が落ちる気がしてなりません。
でも言わせてもらうなら、やるからにはちゃんと選んで投票するべきだと思うのです。「消費増税がいやだ」なら、消費増税をしない政党を選べばいいわけだし、「原発再稼動反対」なら、脱原発を推進する政党を選べばいい。自分の意見にそぐう政治家を見極めて選んで、それで実現できなかった時に政治批判をすればいいのです。今の政治が駄目なのは結局国民が選挙でその政治家を選んでしまったからなのですから。
「俺達は投票に行ってないから関係ない」というのも間違い。投票に行かないから、献金まみれの組織票が「生き票」になってしまうわけですから、結局その駄目な政治家を「選んだ」事になってしまうのです。ここは政党の好き嫌いに関係なく、その政策を見極めたうえでどこの政党に投票するか決めましょう。
いつまでも「人気投票」感覚で選挙してるから、某アイドルの人気投票も「総選挙」なんて呼ばれてしまうのですから。

ちなみに私は、
消費増税・・・これからの社会保障費増大からやむをえない。というか、「去年同月より消費支出が減少」と去年の駆け込み需要を基準に景気を考えるのがおかしい。2・3年前を比べた事があるのか?
原発再稼動・・・「原発永久稼動」は反対。あくまで「活かしてなくせ」で、再生可能エネルギーの強化や家庭の発電・蓄電設備の普及を進めて、十分な電力を確保できるようになったら廃炉に、それまでは監視を強化した上で稼動するべき。これで国民に奮起をうながす。
集団的自衛権・・・もう平和憲法という紙切れでは世界の脅威から守れない。防衛を優先した自衛権を強化すべき。それを制御するのはあくまで国民。そして「軍隊は侵略戦争をするためのもの」というイメージをそろそろ払拭する事も大事。こんな事考えてるのは日本ぐらいのものですよ。海外派遣の際も、その事を前提に国民が決める形にしないと、それこそ世界から「軍国主義の復活」と言われかねない。

というのが基本的な考え方で、これに沿った政党選びをしていくつもりです。さてさて、今回の選挙はどうなる事やら・・・

| | コメント (0)

2014年9月27日 (土)

自然には敵わない

御嶽山の噴火。思っていたよりも深刻な状態になりつつありますね。現在も噴煙をあげ続けているとかで、まだ救出しきれていない人もいるとか・・・丁度土曜日で秋の登山客も多かったところにこの噴火ですからねえ。
以前に小規模な微動があった事が分かっているそうですが、それでもすぐそれが噴火につながるかと予測できるかどうかは難しいですしねえ。登山客も事前には調べるでしょうが、まず天候の方を先に心配してしまうのが常というもの。東日本大震災だろうが、先月の広島の土砂災害だろうが、自然の前には人間の科学実証データなんて無力なものです。

でもこれでまた、マスコミとか野党とかクレーマーとかが「もっと早く警告出来なかったのか」とか「閣僚の対応が遅い」とか散々叩くんでしょうねえ。対岸の火事の人達は好き放題言いまくりますから。そういう書き込みを見てるとただただ呆れるばかりです。
ともあれ、一刻の救出と事態収拾を祈るばかりです。まあ自然には敵わないでしょうが。

| | コメント (0)

2014年9月 5日 (金)

除菌王国の危機?

デング熱がかなり拡大の一途を辿ってますねえ。蚊が媒体だけあってなかなか駆除が難しい上に、車に入り込めば遠くにも伝染する可能性もあるので、それだけに怖いところです。まあ重症化するケースが少ないのが幸いですが。
それにしても東京の代々木公園が蚊の中心地のように取り上げられて、徹底駆除が行われているようですが、池や排水路が多いところだけにまだまだ感染者が出るかもしれません。

2014tokyo005
5月に行った明治神宮。東京はビルなどの建物が多そうに見えて、意外に森も(人工の物も含めて)多いんですよね。代々木公園もそうですが、新宿中央公園や新宿御苑、赤坂御用地などあちこちに緑が多いです。蚊にとっては絶好の生息域なわけで、他の公園に広がる可能性も否定できません。

もちろん、森が悪いわけではありません。緑が多いのは日陰を作るいい場所ですし、何より散歩には絶好のスポット。
浜松なんか見てみなさい、市の中心部なんか日陰になるような緑がほとんどありません。松菱というでかい建物をなくしても、そこに緑の公園を増やそうという気がなく商業施設を要望するぐらいです(^^;)絶対あそこに緑の休憩地を造るべきだと思うんですがねえ・・・
話が逸れてしまいましたが、用は森の蚊を増やさないためにはしっかり管理することが重要。池の水をしっかり循環させたり(ボウフラ発生を抑える)、排水路のつまりをなくしたり、伸びすぎた木を剪定したり、除草を徹底すれば十分減らせると思います。

しかし、ここまでデング熱のウィルスで不安になるところを見ても、日本の無菌主義化が見えてますね。あれこれ除菌スプレー、抗菌グッズ、殺菌石鹸などとにかく菌がつかないようにと考えているうちに、菌に対して耐性がなくなっていくような気がするのですが・・・。今後「○○年ぶりの病原菌が発生」とかしたら、それこそあっという間にパンデミックのような気がします。新型インフルエンザより怖いです。
ともあれ、まずは蚊取り線香でも買いだめしときますか(笑)

| | コメント (0)

2014年6月26日 (木)

精神力の差かも

昨日のW杯の日本敗退。早くもいろいろ批判やら擁護やら、次期監督候補予想まで行きかっております。まあ久々の完膚なき敗退だっただけに、いろいろ言う事は多いでしょうね。
私は別にサッカーに関してはほとんど分からないし、「選手のこの動きが悪かった」「もっとこう行かないと」とか素人批評をするつもりはありません。まあ運だってあったわけだし、環境の問題だってあったはずですが、それはどこの国の選手でも言える事。ただ一つ指摘できるのは、あのグループの中では日本は「お坊ちゃん」だったという事でしょう。

コロンビア・コートジボワールは治安が改善してきたとはいえ、まだまだ貧困層が多い国。その中から、死に物狂いで這い上がってきた選手が代表に選ばれてきたわけですから、「負けたら自分たちは転落する」という精神力はすさまじいはずです。そしてギリシャもご存知の通り、国自体の財政悪化によりあらゆるスポーツが報奨金などで影響を受けています。「負けたら終わり」この執念は相当なものだったはず。初戦敗退からの予選2位通過はそこから来たんじゃないかと。
それに対して日本はなんと恵まれていることか。チームの財政悪化の話はありますが、「それなら海外に出ればいいじゃん」と次々と海外に移籍する有力選手に、「スポーツを盛り上げていこう」と国もどんどん財政支援策を講じれる「不安な余裕」。そして負けても「次がある」と罵声よりむしろ同情論の多いサポーター。ここは日本人の特質というか「判官びいき」というか、これだけ選手が「次に頑張ればいい」という精神が定着する国は珍しいでしょう。

本気でW杯で上位を狙うなら「負けたら終わり」という環境を整えることも必要じゃないでしょうか。前にも書いたかもしれませんが、「サムライ・ブルー」では、周りとの間合いをジリジリ詰めながらゆっくりと近寄り、隙があれば斬るというイメージが強くて、何となくじれったい感じです。それより、退路を絶って、槍を持って、死に物狂いで突進していくようなイメージの「モノノフ(武士)・ブルー」にすべきです。ともあれ、4年後までの建て直しをどうするのかはまずは見守りましょう。

| | コメント (0)

2014年5月17日 (土)

紙キレ憲法とお上丸投げ主義

はい、毎度お馴染みの政治話です。集団的自衛権のための憲法解釈の変更に関する話。

またネットでいろいろ言われてますねえ。平和主義に漬かってた人達が「今までのままでいい」「軍国主義に戻る」とかいうのもそうですが、いまいち納得が出来ないのは「日本は憲法によって平和が保たれてるんだよ」という意見。

何度も書いてますが、憲法は日本だけで通用するものであって、海外から見ればただの紙キレに過ぎません。日本を攻撃出来るものならいつだって出来る状態です。
では何で守られてるか。私は「皮肉にも」と付け加えた上で、アメリカ軍がいるからだ(または安保条約があるから)と思うのですよ。ストレートに言ってしまうと日本は「虎の威をかる狐」なのです。強大な軍事力を持つアメリカの基地が日本に数箇所ある以上、下手に攻撃できないから守られているわけです。
「皮肉にも」と言ったのは、沖縄の基地の問題もここが難しい所で、もしアメリカ軍が沖縄から撤退して「基地」そのものがなくなったら、たちまち中国の海軍が沖縄の海を平気で徘徊・接岸するようになってしまうでしょう。中国にとっては「昔は琉球王国として中国に忠誠を誓ってたのに、後から日本(薩摩藩)が横取りした」という事実があるのですから。今でも「沖縄も中国の領土だ」という中国の政治家もいますが、前述の根拠があるからそう言えるわけで、下手をしたら今の沖縄は「中国の琉球省(または琉球自治区)」になっていて、新疆ウィグル自治区のような「暴動」が起きてたかもしれないのです。
だからもし沖縄からアメリカ軍を撤退させたいのなら、日本の自衛隊の基地を置いておかないといけなくなるでしょう。しかしそれは「軍隊」を置くことにもつながる訳で、結局は今回の集団的自衛権の行使も未来的にもしっかり基準を決めておくことが重要だと思います。

もちろん、今の自民党が掲げる憲法解釈の変更には問題が山積みです。一番の問題は「行使の基準が曖昧」だという事。特に先制攻撃という最悪の形になりかねない事です。イラク戦争のように、アメリカの言いがかりというかイチャモンで先制攻撃をする事態にはならないようにしなければいけません。それこそ軍国主義の逆戻りであり、世界中から批判される形になる状態です。ちゃんと国民が自衛隊を制御し、「暴走」になる形を防ぐのが平和主義というものでしょう。まずそこを皆で指摘して、行使の条件をしっかり決めていく事が重要なはずです。
しかし、今反対している人達はほとんどが、攻撃された時の事は考えず、とにかく「平和の憲法は守れ」と念仏のように唱えるだけの人ばかり。
「攻撃されるだなんて考えるからいけないのだ」と言う人もいる始末です。
でも「考える」ことをしないがゆえに問題になった事は数知れずでしょう。現に「東日本大震災の被害拡大」「原発事故」は「考えなかった」から起きたわけですから。
そして問題をちゃんと国民で考えようと言っても「それは政治家の考える仕事」と横を向く人もいて、その一方でツイッターなどのネットでは暴言のような批判を書きまくる始末。

やっぱり日本人は「過去を振り返らないのが美徳(結果だけを振り返り、原因や経緯は切り捨てる)」から抜け出せないんですかねえ・・・

| | コメント (0)

2014年4月13日 (日)

やはり日本叩き?

中国からアメリカから問題になったニコンD600の「黒点問題」。特に中国は特別番組を放送するなど波紋が広がってますねえ。
現在では後継モデルのD610が発売されて、D600に対しては無償修理で対応する事になっていますが、中国ではまだ店頭在庫を撤去したり、訴訟が起きたりしてます。最近の中国の日本叩きが過剰なだけに何となく叩き台にも見えなくも無いですが…

でもニコンの対応が遅すぎたのも事実。1年以上の放置の上に回収も遅れ、さらに「機構上の問題」で片付けようとしたために、余計に付け入る隙を与えてしまったのも事実です。今回の事は、車などの他の日本製品でも言える事で、早目の対応をせず「普通に使っていれば大丈夫」的な態度を取ったらすぐにつるし上げになる事を意味します。
最近ホンダやトヨタが大量のリコールを発表して問題になりましたが、奥底にはアメリカや中国などの「日本叩きのエサ」をなくさなければという危機感もあったのかもしれません。まあ考えすぎかもしれませんが…。

なお、D600ユーザーの私は…特に修理にも出さず、普通に使ってます。「黒点」に対しては、エアスプレーとか使ったりして掃除もしてるせいか、それほど黒ずんだという印象は感じません。まあ素人目だからというのもありますが、あまり写真印刷はせずネット投稿では縮小するのでそれほど気にならないからかも。
まあ厳しい目がないから、メーカーも付け上がるのかもしれませんが(^^;)

| | コメント (0)

2014年3月16日 (日)

少数であると思いたい

Jリーグの浦和の一騒動。来週の清水との試合は無観客試合になるそうですが、静岡の新聞ではやはり清水のサポーターの紛糾ぶりが書かれてますね。まあとばっちりというしかないのですが、過去にも清水との試合では何度か問題があっただけに仕方ない措置なのでしょうか。
ただ、こういう心無いサポーターがいる結果、「浦和のサポーターはマナーが悪い人ばかり」と思われるのが怖いですね。その問題となった横断幕に対して「自分達も見て見ぬふりをしていたから共犯」と罪の意識を持つサポーターもいた事も事実。むしろ純粋に応援しているサポーターの方が多いはずなのに、一部の心無い輩がいるだけで全員が同じと思われてしまうという「錯覚」に。

何か、イスラム教徒を見ているようです。
毎度テレビで自爆テロやら過激派の抗争が続くので、「イスラムは皆過激派ばかり」のように見られがちですが、実は教徒の9割以上が穏健派で、原理主義者(宗教の教えを曲げたりしない)は1割未満、さらに過激派やテロリストはそれ以下しかいません。
多分キリスト教中心の欧米からの報道になると、過激派ばかり大っぴらに放送するからでしょうけど、キリスト教にも原理主義者、過激派(さらにテロリスト)はいるし、同じぐらいに事件を起こしています。でも日本の新聞では大きく報道されないゆえに、余計に「イスラム教は危険」みたいなイメージを持ってしまうんでしょうね。

今の浦和のサポーターも同じ状況に立たされているような気がしてなりません。ともかく、少数の「過激派」で、「穏健派」のサポーターまでいじめられない事を祈りたいです。

| | コメント (2)

より以前の記事一覧