競馬予想

2018年5月 4日 (金)

18年NHKマイルカップ予想

今回は少し手短に。タワーオブロンドンやカツジ、テトラドラグマ辺りに人気が出そうですが、1600m重賞を勝った馬はここで凡走のケースが多いんですよね。
ここは1800m実績を重視しして毎日杯2着のギベオンを推そうかと。
予想
◎:ギベオン
〇:カツジ
△:ロックディスタウン
☆:ルーカス
いずれも1800mの経験のある馬。ルーカスも東スポ杯2着実績もあるわけで可能性はゼロじゃないはず。

| | コメント (0)

2018年4月27日 (金)

18年天皇賞・春予想

99年の天皇賞・春も勝っているスペシャルウィークの死去が伝えられていますね。
現役時代には私的には馬券的に痛い目にあっているので印象が良くないのですが(笑)、それでも名馬の一頭である事には変わりはありません。日本でも古くからの母系血統のシラオキ系で、ブエナビスタやシーザリオなどの産駒を残し、当時の賞金王でもあった95年「黄金世代」の先頭に立っていた存在。ご冥福をお祈りいたします。
 
さて予想に。やはりJCを勝ったシュヴァルグランの巻き返しが注目されてますね。ハーツクライ産駒の成績がディープ産駒を上回っているだけにいけるかも。ただハーツクライ産駒は他にもいるんですよね。サトノクロニクルにチェスナットコートにカレンミロティック…ここはサトノクロニクルが勢いでいくのも。
あとはステイゴールド系。中でも上がり馬ガンコをどう見るか。ただダートや長距離戦ばかり使っていたのが気になります。割と短距離経験も必要なので…レインボーラインは阪神大賞典を勝っているものの、この馬は秋の方が良く走る感が…
そして忘れていたクリンチャー。ディープはディープでもディープスカイ産駒のこの馬は?
 
予想
◎:シュバルグラン
〇:クリンチャー
△:サトノクロニクル
☆:チェスナットコート
 
ここはハーツクライ産駒とクリンチャーの可能性を信じて。チェスナットコートも行けそうな感じがするんですよね。内枠有利だし。

| | コメント (1)

2018年4月13日 (金)

18年皐月賞予想

弥生賞を勝ってここは盤石かと思われていたダノンプレミアムがまさかの故障回避。一気に混戦ムードになってきました。
ホープフルSを勝ったタイムフライヤーも若葉S5着の上にあまり縁起の良くない1枠1番。となると弥生賞2着のワグネリアンや共同通信杯を勝ったオウケンムーン、スプリングSを勝ったステルヴィオが人気になりそう。デムーロ騎手の乗るキタノコマンドールも人気になりそうだけど、皐月賞は距離が短いところを使ってる馬の方が勝てるんですよね。2200mのすみれSを使ったあとでは・・・
予想
◎:ステルヴィオ
〇:オウケンムーン
△:ジェネラーレウーノ
☆:エポカドーロ
ここは1600~1800mだけを使ってきたステルヴィオを本命に。
よく見るとロードカナロア産駒にオウケンブルースリ産駒、スクリーンヒーロー産駒にオルフェーヴル産駒…あえてディープ産駒を切ってみました(笑)

| | コメント (1)

18年中山グランドジャンプ予想

ここもやはりオジュウチョウサンの牙城は崩れそうにないんですよねえ。メンバーの高齢化に加えて、ルペールノエルもシンキングダンサーもアップトゥデイトもなんとなく「決着がついた」感が否めないし・・・
ここは新参のマイネルクロップと二ホンピロバロンに期待するしか。何気に二ホンピロバロンはオープン戦でオジュウチョウサンに勝っていたりします。もしかすると・・・?
予想
◎:オジュウチョウサン
〇:二ホンピロバロン
△:マイネルクロップ
☆:メイショウアラワシ
まあ結局オジュウチョウサンが本命になるわけですが(笑)、ここは障害の新たなスターにも期待したいところ。

| | コメント (1)

2018年4月 6日 (金)

18年桜花賞予想

やはり阪神JF1~3着のラッキーライラック、リリーノーブル、マウレアの3頭が人気に。まあこの3頭はチューリップ賞でも1~3着独占(1着ラッキーライラック、2着マウレア、3着リリーノーブル)なので、なかなかつけ込む隙がないですしねえ。
他に人気になりそうなのがシンザン記念を勝ったアーモンドアイだけど、シンザン記念とこのレースの相性はかなり悪いんですよね~。他にオルフェーブルの全妹デルニエオールも出走予定だけど、さすがにステイゴールド産駒に1600mは忙しすぎるんじゃないかと・・・
予想
◎:ラッキーライラック
〇:マウレア
△:アンコールプリュ
☆:トーセンブレス
あえてリリーノーブルを外したのはここはディープ産駒で固めてみようかと(笑)でもラッキーライラックは外せないなあ^^;
 
 

| | コメント (1)

2018年3月30日 (金)

18年大阪杯予想

レイデオロやサトノクラウンらがドバイに行った分手薄になっている今回の大阪杯。やはりサトノダイヤモンドとスワーヴリチャード、アルアインなど少々混戦になっております。
ここは前例で金鯱賞を勝ったスワーヴリチャードかなと。宝塚記念でもそうだったように中京芝2000mと阪神コースは意外と相性がいいわけで、サトノダイヤモンドよりもこちらかなと。
乗り替わりばかりなのも有利。スワーヴリチャードはMデムーロ騎手がそのまま乗るのに対し、サトノダイヤモンドやシュバルグランも乗り替わり。ルメールも武豊もドバイにいるのでここはチャンスかなと。
予想
◎:スワーヴリチャード
〇:アルアイン
△:サトノダイヤモンド
☆:ウインブライト
ここはスワーヴリチャードとアルアインで。ウインブライトも現在の勢いを保てればいけるはず。

| | コメント (1)

2018年3月23日 (金)

18年高松宮記念予想

やはりレッドファルクスが1番人気になりそうな感じですが、それでも阪急杯を勝ったダイアナヘイローやオーシャンS勝ちのキングハート、シルクロードS勝ちのファインニードルなど注目馬が多い状態で混戦模様です。
私的にはキングハートに頑張ってほしい所なんですよね。父オレハマッテルゼに母父マイネルラヴと日本のスプリント馬の血統で、勢いに乗ると強いタイプ。ここは父と母父の意地をみせてほしいところです。
まあダイアナヘイローも父キングヘイローで頑張ってほしい所ですが、鞍上の武豊騎手が今回はダンツディレクターに乗るのが気がかり。となると血統的には連対率が高いアドマイヤムーン産駒のファインニードルかなとも。
そして同じ「レ」の付く桜花賞馬コンビも(笑)それでも推さない意地。
予想
◎:ファインニードル
〇:レッドファルクス
△:キングハート
☆:ナックビーナス
あえて本命にレッドファルクスを選ばずにファインニードルを本命に。やはりアドマイヤムーンの安定感は外せない・・・

| | コメント (1)

2018年2月16日 (金)

18年フェブラリーS予想

今年もやってまいりましたG1レース予想。今年も難度の高い予想になりそうです。
 
前年の覇者ゴールドドリームがやはり1番人気になりそうです。これでもかというくらいの中央ダートに強く、一昨年のチャンピオンズC以外は3着以内。地方より中央に強いダート馬は珍しいですね。
その他東海Sを勝ったテイエムジンソク、根岸Sを勝ったノンコノユメ、去年善戦止まりのアウォーディーなどが出走予定ですが、ここで注目は4歳馬のサンライズノヴァ。ユニコーンS以来なかなか勝ち切れていませんが、それでも前走根岸S2着で好調のゴールドアリュール産駒、馬体重が500㎏超の大型馬なのも魅力的です。メンバー最年少の勢いで何とか!
 
予想
 
◎:ゴールドドリーム
〇:サンライズノヴァ
△:テイエムジンソク
☆:ベストウォーリア
 
ここは本命ゴールドドリーム、対抗サンライズノヴァで。ベストウォーリアも前走取り消しで間隔が空いてるし、ここはルメール騎手の意地で。

| | コメント (1)

2018年1月11日 (木)

JRA賞発表と母の状態

遅れましたが、JRA賞が発表されましたね。
まあ大方の予想通りで、年度代表馬はキタサンブラック、他も予想通りでしたが、最優秀4歳以上牝馬がヴィブロスですか・・・。確かにドバイターフを勝ってはいるものの、それ以外のレースが、ねえ・・・まあ「該当馬なし」になるのはごくまれですし仕方ないとは思いますが。
 
さて、母の手術も無事終わりまずは一段落ですが、初めての身内の手術だっただけにいろいろ大変でした。てっきり術後はモニターで説明するのかと思いきや、私と親父が呼ばれて、執刀医立会いの下、「切除した脂肪の固まり」をドンと見せるとは思いませんでした(;´Д`)
何せ大きさが拳ほどの物が2つ。もちろん血が付いた生々しいものです。正直直視できませんでしたよ(;´Д`)
何でもこの2つが肝臓にこびりついて、隣の腎臓を圧迫してたのが激痛の原因だそうで。幸い肝臓に張り付いていた個所はわずかで、肝臓は小範囲一部切除で済みましたが、胆のうも切除する事に。もう一つ幸いだったのが肝臓がんではなかったこと。これががん細胞発見ともなれば手術はより厄介なものになっていたそうで、そこは一安心でした。
もっとも腹を切ったわけですから、現在は痛み止めに頼りながら、少しは会話ができるものの意識はまだ朦朧としている状態。それでも一人にしておくのは不安なので、毎日親父が様子を見に行っている状態です。私は仕事なので毎日とはいきませんが、時折残業をやめてお見舞いに行く事にしてます。あとは回復するのを待つばかりですが、それでも腹の違和感は一生背負っていくわけですから(私も腕に縫い跡があるので分かる)。
予定では1月末には退院できるかもとの事なので、2月半ば辺りで温泉でも連れて行こうかと思っています。少しは楽しみを与えてあげないと。

| | コメント (0)

2017年12月28日 (木)

蒼兵衛的JRA賞予想2017

ホープフルSも終わって、ようやく今年の中央競馬が全終了。そんなわけで、毎年恒例のJRA賞予想を。
今回は割とあっさり予想できそうな予感が。
 
年度代表馬(最優秀4歳以上牡馬)…キタサンブラック
まあこれは間違いないでしょう。大阪杯、天皇賞春・秋、有馬記念とG1最多勝、そして競馬ファンのみならず話題を振りまいたわけですから文句は言えません。引退してから果たしてこれを継承できる馬が果たして現れるかどうか…
 
最優秀2歳牡馬…ダノンプレミアム
最優秀2歳牝馬…ラッキーライラック
いつもは省略する2歳馬部門ですが、今回はホープフルSが加わったので掲載。今回はやはり勢いが違うダノンプレミアムでしょう。
 
 
最優秀3歳牡馬…レイデオロ
今年は群雄割拠と言われた3歳牡馬ですが、やはりダービーを勝ち、JCでも2着のレイデオロになるでしょう。アルアインは何となく今後イスラボニータやディーマジェスティと同じような路線に行きそうな気がするなあ…あとはキセキがレイデオロにどう追いつけるかが来年のカギになるでしょう。
 
最優秀3歳牝馬…モズカッチャン
 
普通ならオークスを勝ったソウルスターリングになりそうな予感がしますが、私はやはりフローラSから急成長をとげて、エリ女も勝ったモズカッチャンを推したいところ。でもやはりソウルスターリングになるのかなあ・・・そしてレーヌミノルは何となくレ(ryの路線を突き進みそうな気が。
 
最優秀4歳以上牝馬…該当馬なし
 
今回あえてこれでいきます。何せ今年の4歳以上の牝馬はいまいち。ミッキークイーンもスマートレイアーもルージュバックもG1には今一歩ばかり。ヴィクトリアマイルを勝ったアドマイヤリードはそれ以降が影が薄いし、エリ女は3歳のモズカッチャンが勝利。これでは…
まあアドマイヤリードになりそうな気もしますが…
 
最優秀短距離馬…レッドファルクス
 
これも難しい所。マイルの2頭(サトノアラジンとペルシアンナイト)も高松宮記念を勝ったセイウンコウセイもちょっとひとパンチ足りない。となるとスプリンターズS連覇を果たしたレッドファルクスかなと。
 
最優秀ダート馬…ゴールドドリーム
 
これはもうフェブラリーSもチャンピオンズCの両方を制したゴールドドリームでしょう。どうしても地方実績軽視傾向になりがちなのでいつもなら難しい予想ですが、今回はあっさりと。
 
最優秀障害馬…オジュウチョウサン
 
いつまでもありませんね(笑)
 
さて来年はどうなるか。キタサンブラックが引退して、盛り上げる馬が果たして現れるかどうか。3歳馬か4歳馬か、そして古馬牝馬たちの巻き返しがあるのか。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧